芸能人・経営者のおくやみ情報

中内功 氏

経営者、ダイエー 創業者[日本]

2005年 9月19日 死去脳梗塞享年84歳

中内功 - ウィキペディアより引用

中内 功(なかうち いさお、1922年〈大正11年〉8月2日 - 2005年〈平成17年〉9月19日)は日本の実業家。
ダイエーを創業し、会長・社長・グループCEOを務める。
日本チェーンストア協会会長(初代、10代、14代)・名誉会長(初代)、日本経済団体連合会副会長、自身が設立した学校法人中内学園(流通科学大学)学園長、理事長と、財団法人中内育英会理事長を歴任した。
戦後の日本におけるスーパーマーケット(GMS)の黎明期から立ち上げに関わり、近年の消費者主体型の流通システムの構築を確立させダイエーを中心とした商業施設の普及拡大、日本の流通革命の旗手として大きく貢献した。
生涯 生い立ち 大阪府西成郡伝法町(現・大阪市此花区伝法)に父・秀雄、母・リエの長男として生まれる。
父は大阪薬学専門学校(現・大阪大学薬学部)を卒業後、鈴木商店に入社し、退社後大阪で小さな薬屋をはじめた。
母は神社の宮司の娘であった。
祖父・栄は高知県矢井賀村(現・中土佐町)の士族の家 に生まれ大阪医学校(現・大阪大学医学部)に学び卒業後、神戸で眼科医となった。

ダイエー創業者。神戸・流通科学大学学園長。なお、名前の字は本当は「エ」に「刀」だが、相当するフォントが無いため、ウェブでは代用字で書かれる事が多い。 1922年8月2日生まれ、大阪府出身。大阪市旭区の千林商店街の一角に、ダイエーの前身となるドラッグストア「主婦の店ダイエー薬局」を開業、後に食品販売を開始し同社のスーパーマーケットチェーン展開の礎となった。(現在でもその場所にダイエー関連の建物はあるが、2005年10月に撤去予定) 1989年、南海ホークスを買収し、福岡ダイエーホークスとして福岡に球団を誘致。 1999年に社長を辞任、2001年には取締役も退任した。2004年に所有する株式を全て手離し、名誉職「ファウンダー」をも辞任し、ダイエーの経営からは身を引いた。 息子の中内潤は流通科学大学*1理事長であり、中内正は福岡ダイエーホークスのオーナーを務めた。*2 2005年9月19日、神戸市内の病院で脳梗塞のために逝去。 *1:生家「サカエ薬局」が移築されているらしい。http://www.kigyoka.jp/museum/guide/25.htm参照。 *2:ホークス株を中内正に1円で譲渡した「株式1円売却事件」では物議をかもした。後にダイエーが追加出資したのでオーナー職から下ろされた。 (引用元 Hatena Keyword)