芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋一三 氏(たかはしかずみ)

プロ野球選手[日本]

2015年 7月14日 死去多臓器不全享年70歳

高橋 一三(たかはし かずみ、1946年6月9日 - 2015年7月14日)は、広島県府中市出身のプロ野球選手(投手)、野球指導者。
元・山梨学院大学硬式野球部監督。
広島県府中市の府中西小学校、第二中学校を経て、北川工業高校(現:県立府中東高校)に進学。
1963年秋季中国大会県予選ではエースとして決勝に進み、尾道商業の小川邦和と投げ合い完封負けを喫するが、中国大会への出場権を獲得。
しかし準々決勝で佐々木誠吾投手を擁する浜田高に敗れ、翌1964年春の選抜への出場を逃す。
同年夏の大会も県予選で敗退し、甲子園には届かなかった。
1965年読売ジャイアンツに入団。
この入団は当時の中国地区担当スカウトの木戸美摸の尽力によるものであった。
当初、木戸は1963年の春の甲子園優勝投手である下関商業の池永正明の獲得を目指していたが、高橋の評判を聞きつけ、池永にはない魅力を感じて面会した。
面会に同席した教師が「先にこれを見て下さい」と横綱・柏戸の手形が押された色紙を持参し、高橋が手を手形に合わせると指がはみ出した。

元プロ野球選手、元野球指導者。1946年6月9日、広島県生まれ。65年、読売ジャイアンツに入団。69年には22勝5敗の成績で最多勝・最高勝率・沢村賞・ベストナインなどを獲得し、同球団が9連覇を達成した73年にも沢村賞・ベストナインを受賞している。V9達成以降調子を落とし、75年、張本勲とのトレードで日本ハムファイターズに移籍。投球スタイルをスローボール主体とし、81年には14勝6敗、防御率2.94と復活をみせた。83年に現役引退し、ジャイアンツ・日本ハムの投手コーチ、2軍監督などを歴任。2009年4月より山梨学院大硬式野球部監督に就任した。プロ通算成績は167勝132敗12セーブ、防御率3.18、1997奪三振。15年7月14日、心不全のため死去。享年69。 (2015-7-16) (引用元 コトバンク)