訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

東野英治郎 氏

俳優[日本]

1994年 9月8日 死去心不全享年88歳

東野 英治郎(とうの えいじろう、1907年9月17日 - 1994年9月8日)は日本の俳優、随筆家。
戦前期の芸名は本庄 克二。
新築地劇団を経て小沢栄太郎、千田是也らと俳優座を創設し、その中心として活躍。
戦中からは映画にも出演し、個性的な名脇役として330本以上の作品に出演した。
主な出演映画に『東京物語』『用心棒』『秋刀魚の味』『白い巨塔』など。
テレビドラマ『水戸黄門』の初代黄門役でも知られる。
著書に『私の俳優修業』など。
長男は俳優の東野英心。
1907年(明治40年)9月17日、群馬県富岡市七日市の造り酒屋の家に生まれる。
父は江州の山村から単身で関東に移り、辛苦して酒造家となった人で、根っからの日野商人(近江商人)だった。
実家の本宅は滋賀県蒲生郡東桜谷村鳥居平(現蒲生郡日野町大字鳥居平)にある。
旧制富岡中学卒業後、明治大学商学部に入学。
同級生には後に阪神タイガースで活躍する松木謙治郎がいる。
在学中に学内の非合法サークル・社会科学研究会に入り、左翼思想に目覚める。
1931年(昭和6年)4月、劇団築地小劇場のプロレタリア演劇研究所に第1期生として入り、東京左翼劇場公演の『恐山トンネル』(三好十郎作)で初舞台を踏む。

↑ PAGE TOP