芸能人・経営者のおくやみ情報

星新一 氏(ほししんいち)

作家[日本]

1997年 12月30日 死去間質性肺炎享年72歳

星新一 - ウィキペディアより引用

星 新一(ほし しんいち、本名:星 親一、1926年(大正15年)9月6日 - 1997年(平成9年)12月30日)は、日本の小説家、SF作家。
父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一。
森鴎外は母方の大伯父にあたる。
本名の親一は父・一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。
イラストレーターのほししんいちとは特に関係がない。
父の死後、短期間星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二(西友社長)と並んで稀有な東証一部上場企業(当時)の社長経験者である(ただし、堤の場合は西友の経営参加や上場よりも創作活動が遙かに先行しており、星の場合は完全に経営を離れたのちに創作活動が始まっている)。
多作さと作品の質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれているが、『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。

SF作家。ショートショートをとてもたくさん書いた。 1926(大正15)9月6日東京都出身。 -- 東京都生まれで、東大の農学部卒。本名は「星親一」。 父親の星一が創業した製薬会社「星製薬」を退社後、1957年、SF同人誌「宇宙塵」に書いた作品「セキストラ」が江戸川乱歩編集の雑誌「宝石」に転載され、作家としての道を歩み始める。 1968年に出した「妄想銀行」では、日本推理作家協会賞を受賞。書いた作品は具体的には1000作以上ある。出した本としては、 「ボッコちゃん」 「妄想銀行」 「人民は弱し官吏は強し」 「進化した猿たち」 「夢魔の標的」 「悪魔のいる天国」 「妖精配給会社」 「宇宙のあいさつ」 「冬きたりなば」 「午後の恐竜」 「白い服の男」 などほか多数。1926/9/6 -> 1997/12/30。享年71歳。 漫画の収集家として有名であるが、サインをかいた際脇に描いた「鳥」(一応本人が「鶴」と言い張った)が、作家の間で有名になり、「ホシヅル」としてファンにも愛された。後、9月6日を「ホシヅルの日」として星を偲ぶ会が催されている。 (引用元 Hatena Keyword)