芸能人・経営者のおくやみ情報

堀田善衛 氏

芥川賞作家[日本]

1998年 9月5日 死去享年81歳

堀田善衛 - ウィキペディアより引用

堀田 善衛(ほった よしえ、1918年〈大正7年〉7月7日 - 1998年〈平成10年〉9月5日)は、日本の小説家、評論家。
来歴・人物 富山県高岡市出身。
父は富山県会議長の堀田勝文、母は大正年間に富山県で初めて保育所を創設した堀田くに。
経済学者で前・慶應義塾大学商学部教授の堀田一善は甥にあたる。
生家は伏木港の廻船問屋であり、当時の北前船の日本海航路の重要な地点であったため、国際的な感覚を幼少時から養うことができた。
旧制金沢二中から1936年に慶應義塾大学政治科予科に進学し、1940年に文学部仏文科に移り卒業。
大学時代は詩を書き、雑誌『批評』で活躍、その方面で知られるようになる。
戦争末期に国際文化振興会の上海事務所に赴任し、そこで敗戦を迎える。
敗戦直後、上海現地の日文新聞「改造日報」に評論「希望について」を発表。
同年12月に中国国民党中央宣伝部対日文化工作委員会に留用される。
翌年12月まで留用生活を送る。
1947年に引揚げ、世界日報社に勤めるが、会社は1948年末に解散する。
この頃は詩作や翻訳業を多く手がけていた。
アガサ・クリスティの『白昼の悪魔』の最初の邦訳は堀田によるものである。

ほったよしえ [生]1918.7.17.高岡[没]1998.9.5.横浜小説家。1942年慶應義塾大学仏文科卒業。第2次世界大戦末期の45年,勤務先から中国に派遣されて敗戦前後の状況をつぶさに体験,これをもとに『波の下』(1948),『祖国喪失』(50)などを書いた。『歯車』(51)を経て,「戦後」終焉期の知識人の不安を対象化した『広場の孤独』(51)で芥川賞を受賞。その後『歴史』(52),『時間』(53),『記念碑』(55)などを発表する一方,アジア=アフリカ作家会議の推進に力を入れて,インド,ソ連,中国,アフリカ,キューバ,東欧などを歴訪,国際作家ともいうべき活躍をする。ほかに島原の乱を軸に「東と西」の主題に迫った歴史小説『海鳴りの底から』(60~61),日本古典論『方丈記私記』(71),画家ゴヤの伝記『ゴヤ』(4部作,74~77),エッセー『定家明月記私抄』(86)などがある。98年日本芸術院賞受賞。 (引用元 コトバンク)