芸能人・経営者のおくやみ情報

由起しげ子 氏

芥川賞作家[日本]

1969年 12月30日 死去享年70歳

由起しげ子 - ウィキペディアより引用

ゆきしげこ [生]1902.12.2.大阪,堺[没]1969.12.30.東京小説家。本名伊原志げ。神戸女学院音楽科を中退し,1925年画家の伊原宇三郎と結婚。絵を修業する夫とともに渡仏し,滞在先のパリで作曲を学びながらピアノを習い,1929年に帰国した。第2次世界大戦後,夫と別居して作家生活に入った。生活のため義兄の蔵書を売る未亡人の優雅な苦闘を描いた『本の話』(1949)で芥川賞を受け,続く『警視総監の笑ひ』(1949)のシニカルな筆致により流行作家となった。ほかに『女中ッ子』(1954),『沢夫人の貞節』(1961)など。 (引用元 コトバンク)