芸能人・経営者のおくやみ情報

高木卓 氏

芥川賞作家[日本]

1974年 12月28日 死去享年68歳

高木 卓(たかぎ たく、1907年1月18日 - 1974年12月28日)は、小説家、ドイツ文学者、音楽評論家。
幸田露伴の甥である。
ヴァイオリニストで、女性初の文化功労者に選ばれた安藤幸と、英文学者・安藤勝一郎の子として東京に生まれる。
本名・安藤煕。
東京帝国大学独文科卒。
水戸高等学校教授などをつとめながら小説を書き、同人雑誌『作家精神』による。
1936年「遣唐船」で芥川賞候補、1940年(昭和15年)、大伴家持を描いた歴史短篇「歌と門の盾」で芥川賞を授与されるが辞退する。
菊池寛は、恥を掻かされたと言って怒っている。
高木は、自分が辞退すれば『作家精神』の桜田常久がくりあげ受賞すると誤認したという説もある(桜田は次回受賞)。
そうではないと分かり、自分が辞退したことで『作家精神』の同人が候補から外されることを恐れ、菊池に謝りに行った。
戦後は東京大学教養学部教授、67年定年退官、獨協大学教授。
古典の子供向け翻案などの仕事をするに留まった。
次女に、児童文学作家、作詞家である高木あきこがいる。
『ムツゴロウの青春記』によると、畑正憲が東大でドイツ語の授業を受けている(本文中では、実名は表記されず「Tという芥川賞を辞退した教官」となっている)。