芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木その子 氏(すずきそのこ)

美容研究家、料理研究家[日本]

2000年 12月5日 死去肺炎享年68歳

鈴木その子 - ウィキペディアより引用

鈴木 その子(すずき そのこ、1932年(昭和7年)1月20日 - 2000年(平成12年)12月5日)は、昭和50年代から平成年代にかけての美容研究家・料理研究家である。
本名、鈴木 荘能子(読み同じ)。
株式会社トキノ(現在の株式会社SONOKO)を創業した。
東京府(現・東京都)出身。
山脇学園中学校・高等学校を経て、学習院女子短期大学食品化学科卒業。
東京都の名門の資産家の出自であると公表しているが、まだ知名度がそれほどでもなかった頃は、テレビのワイドショーで「実家は山口県下関市の漁師で網元。
いつか白い家に住むのが夢だった」と自ら語っていた。
が、知名度が上がると、いつの間にか出自が変わっていた。
実父の死去後、譲り受けた遺産を元手に株式会社トキノを設立し、1980年(昭和55年)に出版した著書、「やせたい人は食べなさい」がミリオンセラーとなった。
その後は、白米食を中心としたダイエット法の提唱者として、会社経営の他に各地で講演活動を行った。
また、美容研究家としての活動も開始し、1990年代後半には、その異様に白塗りした仮面のような顔と、テレビ番組出演の際に顔だけ集中的に照明で照らすという演出方法により、「美白の女王」としても一世を風靡した。

 美容研究家 料理研究家 株式会社トキノ?(現株式会社SONOKO)創業者。 1932年1月20日東京都生まれ 学習院女子短期大学食品化学科卒業。  母を成人病で、息子を拒食症で亡くした過去から書き上げた書籍「やせたい人は食べなさい」のミリオンセラーにより一躍有名に。そのその独自の鈴木式食養理論により多くの方に支持され、創業した株式会社トキノ(現SONOKO)の会員組織、トキノ会には30万人もの会員数を擁するに至った。  また、その異様に白い顔と、テレビ出演の際に顔だけをライトアップする演出により、「美白の女王」として一世を風靡。美白ブームの火付け役となった。  2000年12月5日肺炎のため死亡。享年68。 母を糖尿病で亡くし、息子を拒食症で亡くすなど波乱万丈の生涯を、加賀まりこ主演でスペシャルドラマ化された。(2006年4月25日、日本テレビ DRAMA COMPLEX枠) (引用元 Hatena Keyword)