芸能人・経営者のおくやみ情報

島津久光(しまづひさみつ)

薩摩藩後見役、公爵[日本]

1887年 12月6日 死去享年71歳

島津久光 - ウィキペディアより引用

島津 久光(しまづ ひさみつ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本の政治家。
幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者で、公武合体運動を推進した。
明治政府の内閣顧問、左大臣。
重富島津家当主、のち玉里島津家初代当主。
位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。
字は君輝、邦行。
雅号は幼少時が徳洋、以後は大簡・双松・玩古道人・無志翁と号した。
島津家27代当主(薩摩藩10代藩主)島津斉興の五男。
同28代当主(11代藩主)島津斉彬は異母兄、同29代当主(12代藩主)島津忠義は長男。
次男・久治は宮之城家、四男・珍彦は重富家、五男・忠欽は今和泉家、と島津家の旧来の分家をそれぞれ相続した。
曾孫に香淳皇后、玄孫に今上天皇がいる。
生涯 若年期 文化14年(1817年)10月24日、薩摩国鹿児島郡(現鹿児島県鹿児島市)の鹿児島城において誕生する。
生母は斉興の側室・お由羅の方。
幼名は普之進(かねのしん)。
文政元年(1818年)3月1日に種子島久道の養子となり、公子(藩主の子)の待遇を受ける。

1817-1887 薩摩藩28代当主島津斉彬の弟。 29代当主島津忠義の父親。 斉彬の死後、薩摩の実権を握り続けた。 (引用元 Hatena Keyword)