芸能人・経営者のおくやみ情報

上田秋成(うえだあきなり)

読本作者、歌人、茶人、国学者俳人[日本]

(文化6年6月27日没)

1809年 8月8日 死去享年76歳

上田秋成 - ウィキペディアより引用

上田 秋成(うえだ あきなり、享保19年6月25日(1734年7月25日) - 文化6年6月27日(1809年8月8日))は、江戸時代後期の読本作者、歌人、茶人、国学者、俳人。
怪異小説「雨月物語」の作者として特に知られる。
1734年(享保19年)、大坂曾根崎に、松尾ヲサキの私生児として生まれた。
父は確かでない。
「父ナシ、ソノ故ヲ知ラズ。
四歳、母マタ捨ツ」(自像筥記、1808年)。
1737年(元文2年)4歳、堂島永来町(現、大阪市北区堂島1丁目)の紙油商嶋屋、上田茂助の養子となり、仙次郎と呼ばれた。
翌年疱瘡を病み、手の指が不自由になった。
この年茂助は妻を喪い、翌年再婚し、彼はその第2の養母のもとで育った。
疱瘡を病んだとき、茂助は、加島村(現、大阪市淀川区加島)の加島稲荷(現、香具波志神社)に本復を祈願し、68歳までの存命を告げられ、以後、秋成も同社への参詣を怠らなかった。
1751年(宝暦元年)18歳、遊蕩を覚えた反面、この頃から俳諧に遊び、戯作を耽読し、和漢の古典を探るなど、基礎を養った。

  • 題名
    雨月物語 若妻の祟り [DVD]
    監督
    かわさきひろゆき
    出演俳優
    1. 花井メイサ
    2. 宮咲志帆
    3. 寿松木彰一
    4. 松原誠
    5. 里見瑶子
    発売元
    アルバトロス
    発売日
    2011年8月03日
    新品価格
    ¥ 3,256 より
    中古商品
    ¥ 1,795 より

江戸後期の国学者・歌人・読本作者。 大坂の人。本名、東作(藤作)。号、和訳太郎など。俳号、無腸。 紙油商上田茂助の養子。高井几圭に俳諧を学び、八文字屋本の作者として「気質物」を著す。のち、加藤美樹に師事、万葉集や音韻学に通じ、たびたび本居宣長と論争した。 著『雨月物語』『春雨物語』『胆大小心録』『癇癖談』『藤簍冊子』など。 (引用元 Hatena Keyword)