芸能人・経営者のおくやみ情報

東くめ 氏

作詞家[日本]

(旧姓・由比)

1969年 3月5日 死去享年93歳

東 くめ(ひがし くめ、旧姓:由比(ゆい)、1877年6月30日 - 1969年3月5日)は、和歌山県東牟婁郡新宮町(現:新宮市)出身の童謡作詞家。
日本で初めて、口語による童謡を作詞した人物として知られる。
1899年に東京女子高等師範学校教授・東基吉と結婚し、東くめとなる。
1877年6月30日、和歌山県東牟婁郡新宮町(現:新宮市)に元新宮藩家老・由比甚五郎の長女として生まれる。
第一尋常小学校、大阪ウィルミナ女学院を経て、1896年に東京音楽学校を卒業。
音楽学校時代に仲の良かった同級生にヴァイオリニストの安藤幸がいる。
同年、東京府立高等女学校の音楽教諭になり、8年間務める。
1899年に東京女子高等師範学校教授で同郷の東基吉と結婚し、教育学者だった夫の提案により、「子供の言葉による、子供が喜ぶ童謡」の作詞を始め、2年後輩の瀧廉太郎と組んで、「お正月」、「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」などの作品を残した。

「東くめ」と関連する人物(故人)