芸能人・経営者のおくやみ情報

真藤恒 氏

初代NTT社長[日本]

2003年 1月26日 死去肺炎享年92歳

真藤 恒(しんとう ひさし、1910年7月2日 - 2003年1月26日)は、日本の実業家。
福岡県久留米市出身。
石川島播磨重工業(現IHI) の社長、電電公社の最終代総裁、NTT初代社長・会長を務めた。
また、ドクター合理化の異名を取った。
息子に三井物産情報産業本部メディア事業部長、スピードネット社長、ソフトバンクBB常務、ソフトバンクIDC社長を歴任し、現IDCフロンティア取締役相談役の真藤豊がいる。
来歴・人物 1934年春、九州帝国大学工学部造船学科を卒業後、播磨造船所(後の石川島播磨重工業)に入社。
戦後はアメリカの「海運王」、ダニエル・ラドウィックと手を組み、当時としては画期的な手法で数々の船舶を建造し、専門の船ではそれまでの常識を破ったズングリムックリ型のタンカーを考え出したり、従来の貨物船が一隻ごとにオーナーと仕様を決めるオーダーメイドであったのを、あらかじめ造船所が主要スペックを決めてカタログ販売する標準船を世に送り出した。

しんとう-ひさし 1910-2003昭和時代後期の経営者。明治43年7月2日生まれ。昭和9年播磨造船所に入社。35年合併した石川島播磨重工業の造船部門の責任者となり,47年社長。シントーイズムとよばれる合理的な経営で,造船不況に対処。56年民間人初の電電公社総裁。公社の民営化を推進し,60年NTT初代社長,63年会長となるが,リクルート事件で退任。平成15年1月26日死去。92歳。福岡県出身。九州帝大卒。 (引用元 コトバンク)

「真藤恒」と関連する人物(故人)