芸能人・経営者のおくやみ情報

楫取素彦

長州藩士政治家、男爵[日本]

(旧名・小田村伊之助)

1912年 8月14日 死去享年84歳

楫取素彦 - ウィキペディアより引用

楫取 素彦(かとり もとひこ、文政12年3月15日(1829年4月18日) - 大正元年(1912年)8月14日)は、幕末の長州藩の志士、明治時代の官僚、政治家。
錦鶏間祗候正二位勲一等男爵。
通称は久米次郎または内蔵次郎。
小田村家の養嗣となって小田村伊之助(おだむら いのすけ)と改め、後に文助・素太郎といい、慶応3年(1867年)9月に藩命により、楫取素彦と改名した。
諱は希哲(ひさよし)、字は士毅、号は耕堂彜堂・晩稼・棋山・不如帰耕堂など。
吉田松陰とは関係が深く、また松陰の次妹の寿と結婚し、寿に先立たれた後の明治16年(1883年)、久坂玄瑞の未亡人であった末妹の美和子(文)と再婚している。
最初の妻・寿との間に希家(小田村家を継ぐ)、道明(久坂家、のち楫取家を継ぐ、芝山巌事件で殺害された)の二男がいる。
曾孫(希家の養孫、道明の外孫)に小田村四郎がいる。
文政12年3月15日(1829年4月18日)、長門国萩魚棚沖町(現・山口県萩市)に藩医・松島瑞蟠の次男として生まれる。

楫取素彦(1829年4月18日−1912年8月14日)は、日本の江戸時代末期の長州藩士。明治新政府の官僚。政治家。 群馬県令や貴族院議員を歴任した。 1829年4月18日、長門国萩魚棚沖町(現・山口県萩市)に藩医・松島瑞蟠の次男として生まれる。 1840年、代々儒官であった小田村家の養子となり、小田村伊之助と名乗る。 1867年、楫取素彦と改めた。 吉田松陰とは深い仲であり、吉田松陰の妹2人が楫取の妻となる。最初の妻であった寿(杉寿)に先立たれた後、禁門の変にて自刃した久坂玄瑞の未亡人であった美和子(杉文)と再婚した。 (引用元 Hatena Keyword)