芸能人・経営者のおくやみ情報

御木本幸吉 氏

御木本真珠店(現・ミキモト)創業者[日本]

1954年 9月21日 死去老衰享年97歳

御木本幸吉 - ウィキペディアより引用

御木本 幸吉(みきもと こうきち、安政5年1月25日(1858年3月10日) - 1954年(昭和29年)9月21日)は、日本の実業家。
真珠の養殖とそのブランド化などで富を成した人物である。
御木本真珠店(現・ミキモト)創業者。
真珠王とも呼ばれた。
生涯 誕生 志摩国鳥羽浦の大里(現在の三重県鳥羽市)で代々うどんの製造・販売を営む「阿波幸」の長男として生まれた。
父は音吉、母はもと。
幼名は吉松と名付けられた。
父は商売よりも機械類の発明・改良に関心があり、1881年(明治14年)には粉挽き臼の改良により三重県勧業課の表彰を受け賞金100円を授与されている。
祖父・吉蔵は「うしろに目があるような人」と言われたように、先が見え商才に恵まれていた。
大伝馬船を10艘も持ち石材の運送で儲ける一方、家業のうどん屋のほか薪、炭、青物などの販売を手広く営み財をなしたと伝えられる。
幸吉は晩年、「三つ子の魂は祖父に育てられた」と述懐している。
正規の教育は受けていないが、明治維新によって失業した士族の栗原勇蔵、岩佐孝四郎らに読み書きソロバン、読書などを習った。

みきもとこうきち [生]安政5(1858).1.25.鳥羽[没]1954.9.21.多徳島実業家。養殖真珠の創始者。ミキモト・パールとして世界的に有名。生家はうどん製造販売業。少年時代には青物行商などで生計を立て,1880年鳥羽町会議員となり,また海産物取引などに従事した。88年真珠貝養殖を試み,90年帝国大学(現東京大学)の箕作佳吉らの指導を受けてその後稚貝の養殖に成功,さらに本格的な真珠養殖に着手,幾度かの失敗を重ねたのち93年相島(現真珠島)で養殖に成功,半円真珠が初めて市場に出た。99年銀座裏に御木本真珠店を開店。1900年パリ博覧会に真珠出品。05年真円真珠養殖法に成功,以後これを事業化して19年にはロンドン市場に売出した。28年養殖場を多徳島へ移転。また3回の外遊によって日本の真珠を積極的に宣伝し,販売面でも海外市場の開拓に多大の功績を残した。 (引用元 コトバンク)

「御木本幸吉」と関連する人物(故人)