訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

生島治郎 氏

作家[日本]
2003年 3月2日 死去肺炎享年71歳
生島 治郎(いくしま じろう、1933年1月25日 - 2003年3月2日)は、日本の小説家。
本名、小泉 太郎(こいずみ たろう)。
筆名は結城昌治が考えた。
経歴・人物 上海生まれ。
敗戦後、1945年に長崎に引き揚げ、母の郷里金沢に移る。
その後、父が横浜で職を持ったため横浜に転居した。
中学3年から神奈川県立横浜翠嵐高等学校にかけての同期に青木雨彦と宮原昭夫がいた(ただし宮原は高校在学中に胸を患って数年間休学している)。
高校時代から小説を書き始め、早稲田大学第一文学部英文学科在学中は青木雨彦や高井有一や富島健夫と同じ同人誌に所属。
傍ら、港湾関係のアルバイトで肉体労働を経験する。
早稲田大学英文学科の同級に小林信彦がいた。
1955年卒業。
卒論のテーマはジョナサン・スウィフト。
空前の就職難に苦しんだが、大学の友人の紹介で美術評論家植村鷹千代の主宰するデザイン事務所に就職。
ここで知り合った画家勝呂忠の紹介により、約1年後に早川書房入社。
当時の上司(編集部長)に田村隆一がいた。
早川書房時代については『浪漫疾風録』に詳しい。
初代編集長田中潤司のもとで、江戸川乱歩監修による日本語版『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』の編集に従事。
題名
総統奪取 (角川文庫)
著者
生島治郎
発売元
角川書店
発売日
1996-10
新品価格
より
中古商品
¥ 33,180 より
題名
追いつめる (光文社文庫)
著者
生島治郎
発売元
光文社
発売日
1988-08
新品価格
より
中古商品
¥ 100 より
題名
夢なきものの掟 (双葉文庫)
著者
生島治郎
発売元
双葉社
発売日
2000-06
新品価格
より
中古商品
¥ 185 より
題名
追いつめる (光文社文庫)
著者
生島治郎
発売元
光文社
発売日
1988-08-20
新品価格
より
中古商品
より
題名
スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎002 (講談社文庫)
著者
生島治郎
発売元
講談社
発売日
2007-09-14
新品価格
¥ 700 より
中古商品
¥ 1 より
題名
黄土の奔流 (光文社文庫)
著者
生島治郎
発売元
光文社
発売日
1989-12-20
新品価格
より
中古商品
より
題名
傷痕の街
著者
生島治郎
発売元
グーテンベルク21
発売日
2012-12-19
新品価格
より
中古商品
より
題名
上海カサブランカ
著者
生島治郎
発売元
双葉社
発売日
2001-09
新品価格
より
中古商品
¥ 13,000 より
題名
反核ー私たちは読み訴える―核戦争の危機を訴える文学者の声明 (岩波ブックレット)
著者
生島治郎
発売元
岩波書店
発売日
1982-04
新品価格
より
中古商品
¥ 5,980 より
題名
片翼だけの天使 (講談社文庫)
著者
生島治郎
発売元
講談社
発売日
1994-12
新品価格
より
中古商品
¥ 2,706 より

「生島治郎」と関連する人物(故人)

天知茂 有馬頼義 胡桃沢耕史 三好京三 藤原伊織 田村隆一 色川武大 新田次郎 光岡明 山口瞳 南條範夫 白石一郎 水上勉 開高健 池波正太郎 村上元三 司馬遼太郎 ノーマン・メイラー 戸川幸夫 向田邦子 景山民夫 立原正秋 柴田錬三郎 江戸川乱歩 海老沢泰久 勝呂忠 星川清司 井上ひさし つかこうへい 河野典生 石一郎 邱永漢 藤本義一 常盤新平 山崎豊子 連城三紀彦 坂東眞砂子 山本兼一 渡辺淳一 深田祐介 山口洋子 宮尾登美子 陳舜臣 赤瀬川隼 車谷長吉 高橋治 木々高太郎 井伏鱒二 橘外男 大池唯雄 河内仙介 堤千代 木村荘十 神崎武雄 山本周五郎 森荘已池 岡田誠三 富田常雄 山田克郎 小山いと子 今日出海 檀一雄 源氏鶏太 田岡典夫 久生十蘭 藤原審爾 立野信之 梅崎春生 今官一 今東光 穂積驚 江崎誠致 榛葉英治 城山三郎 多岐川恭 渡辺喜恵子 戸板康二 黒岩重吾 寺内大吉 杉森久英 佐藤得二 安藤鶴夫 和田芳恵 藤井重夫 千葉治平 早乙女貢 結城昌治 豊田穣 綱淵謙錠 藤沢周平 半村良 有明夏夫 田中小実昌 青島幸男 神吉拓郎 森田誠吾 泡坂妻夫 北原亞以子 船戸与一 都筑道夫 エラリー・クイーン 佐木隆三 海音寺潮五郎 杉本章子 野坂昭如 ロアルド・ダール 高井有一 伊藤桂一 ジョナサン・スウィフト 大藪春彦 杉本苑子 渡辺淳 葉室麟

↑ PAGE TOP