芸能人・経営者のおくやみ情報

神吉拓郎 氏

直木賞作家[日本]

1994年 6月28日 死去享年67歳

神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 - 1994年(平成6年)6月28日)は、日本の小説家、俳人、随筆家。
東京府(現:東京都)出身。
父は英文学者の神吉三郎。
麻布中学、成城高等学校文科卒業。
トリローグループの一人。
俳号は「拓郎」、「尊鬼」。
1983年(昭和58年) - 『私生活』で第90回(1983年下半期)直木三十五賞を受賞 1984年(昭和59年) - 『たべもの芳名録』で第1回グルメ文学賞を受賞 著作 『男性諸君』(三一書房、1971年) 『東京気侭地図』(文藝春秋、1981年) 『ブラックバス』(文藝春秋、1981年) - 直木賞最終候補作 『無着成恭の詩の授業』(太郎次郎社、1982年) 『ラグビーにトライ/ラグビー音痴に捧げる本』(野坂昭如と共編)(新星出版社、1983年) 『私生活』(文藝春秋、1983年) - 直木賞受賞作 『たべもの芳名録』(新潮社、1984年) 『タマに別れの接吻を』(自由書館、1984年) 『笑う魚』(旺文社文庫、1984年) 『芝の上のライオンたち』(旺文社文庫、1984年) 『曲がり角』(文藝春秋、1985年) 『明日という日』(文藝春秋、1986年) 『私流 アゲイン』(日本経済新聞社、1986年) 『洋食セーヌ軒』(新潮社、1987年) 『ベルトの穴』(毎日新聞社、1988年) 『夢のつづき』(文藝春秋、1988年) 『たたずまいの研究』(中公文庫、1989年) 『フツーの家族』(文藝春秋、1989年) 『おらんだ恋歌』(読売新聞社、1989年6月) 『みんな野球が好きだった』(PHP研究所、1994年) 『花の頃には』(ネスコ、1995年) 『友あり駄句あり三十年―恥多き男づきあい春重ね』(共著)(日本経済新聞社、1999年3月)。

  • 題名
    洋食セーヌ軒 (光文社文庫)
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    光文社
    発売日
    2016-02-09
    新品価格
    ¥ 756 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    神吉拓郎傑作選2 食と暮らし編
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    国書刊行会
    発売日
    2016-10-27
    新品価格
    ¥ 2,160 より
    中古商品
    ¥ 1,550 より
  • 題名
    神吉拓郎傑作選1 珠玉の短編
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    国書刊行会
    発売日
    2016-10-27
    新品価格
    ¥ 2,160 より
    中古商品
    ¥ 1,600 より
  • 題名
    私(わたくし)流
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    日本経済新聞社
    発売日
    1986-05
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    私生活 (文春文庫)
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    1986-12
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 253 より
  • 題名
    みんな野球が好きだった
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    PHP研究所
    発売日
    1994-02
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 29 より
  • 題名
    ブラックバス―他六編 (1981年)
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    1981-05
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    或る日のエノケン
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    新しい芸能研究室
    発売日
    1994-10
    新品価格
    ¥ 12,132 より
    中古商品
    ¥ 408 より
  • 題名
    たべもの芳名録
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    新潮社
    発売日
    1984-06
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    花の頃には
    著者
    神吉拓郎
    発売元
    ネスコ
    発売日
    1995-11
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 802 より

昭和3年(1928年)生まれ。平成6年(1994年)没。 英文学者神吉三郎の長男として東京麻布に生まれる。麻布中学卒業後、三木鶏郎グループに参加し、NHK ラジオ「日曜娯楽版」の放送作家として活躍。三木鶏郎グループの解散後、飯沢匡を中心にキノートル(木下徹)、高木四郎、根本進、岡部冬彦とともに朝日麦酒の「ほろにが通信」の執筆者グループ「ほろにが人生同人」のメンバーとなる。 その後、ダンディで洗練された小説や随筆の書き手として活躍し、『私生活』で第90回直木賞を受賞。「瑣事観察者」「瑣事愛好家」を自称し、どこまでも瑣事を愛した。都会的な才気と人となりに定評があった。東京やなぎ句会会員。俳号は「尊鬼」、のち「拓郎」。 (引用元 Hatena Keyword)