芸能人・経営者のおくやみ情報

天本英世 氏

俳優[日本]

2003年 3月23日 死去急性肺炎享年77歳

天本英世 - ウィキペディアより引用
天本 英世(あまもと ひでよ、1926年1月2日 - 2003年3月23日)は、日本の俳優。
一時期、「あまもと えいせい」の読みを用いていたこともある。
福岡県若松市(現:北九州市若松区)出身。
本籍は佐賀県鳥栖市。
身長180cm、体重65kg。
1943年(昭和18年)に旧制若松中学校(現・福岡県立若松高等学校)を卒業し、翌1944年に旧制第七高等学校(現・鹿児島大学)に進学した。
1945年に19歳で学徒出陣で兵役に召集されたものの、営内では上官に反抗しその度に鉄拳制裁を受けた。
この経験が天本の反骨志向を育むことになる。
1948年に東京大学法学部政治科に入学する。
大学では国際政治学を専攻し、当初は外交官を目指していたが、当時の政府の政治姿勢に失望し、文学や演劇に没頭するようになった。
その後、東京大学を中退して劇団俳優座に所属した。
1954年に28歳でオペラ『オテロ』において初舞台を踏む。
その直後に『女の園』と『二十四の瞳』 で映画に初出演した。
当初は『二十四の瞳』では天本の役は明石潮が演じる予定だったという。