訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

テレンス・ヤング 氏

映画監督[イギリス]

1994年 9月7日 死去心不全享年80歳

テレンス・ヤング(Terence Young, 1915年6月20日 - 1994年9月7日)はイギリスの映画監督。
映画007シリーズの初期の監督として知られる。
英国警察長官の父のもと、1915年、上海市の共同租界に生まれる。
英国で学び、ケンブリッジ大学を出る。
大学ではテニス・ラグビー・クリケットが得意だった。
大学新聞に批評を書き、夏はブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズでアルバイトをし、卒業後脚本家となる。
1941年、メロドラマ『デンジャー・イン・ムーンライト』の脚本家として注目される。
第二次世界大戦のヨーロッパ戦線に従軍し、マーケット・ガーデン作戦に参加した際に負傷して、当時アーネムの病院でボランティアの看護婦をしていたオードリー・ヘプバーンに介護されている。
ロンドンで脚本家、助監督を経て監督になり、1962年に007シリーズ第1作『ドクター・ノオ』をヒットさせ、『ロシアより愛をこめて』、『サンダーボール作戦』と計3作を監督した。