芸能人・経営者のおくやみ情報

小金井芦州 氏

講談師、元講談協会会長[日本]

2003年 6月29日 死去肺炎享年76歳

小金井 芦州(こがねい ろしゅう)は、講釈師の名跡。
旧字体を小金井蘆州。

本名:小林太郎兵衛、1799年 - 1864年12月5日。
最初は宝井馬琴#初代 初代東流斎馬琴の門で琴荘、その後初代桃林斎東玉の門下で玉梅、北叟、鏑井芦洲、鏑井北梅から小金井派を作り小金井北梅となる。
後に芦州となった。
短編の創作に秀でた。

本名:岡田後の小金井亀之助、嘉永元年8月30日 (旧暦) 8月30日(1848年8月2日) - 明治41年(1908年5月3日)。
享年61。

修羅場読みの名手。
軍談物を読んだ事で知られる。
武家の出で浅草観音裏の六郷邸内で生まれた。
幼少より芸事が好きで講談を読んでいた、初代田辺南龍門で龍子。
その後田辺北州。
1857年に南龍死去に伴い初代の鏑井北梅の門下で小金井北州。
北梅死後、1867年に2代目小金井芦州を襲名した。
講談組合の頭取を永く勤めた。

「小金井芦州」と関連する人物(故人)