訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

木村荘十 氏

直木賞作家[日本]

1967年 5月6日 死去享年71歳

木村 荘十(きむら そうじゅう 1897年1月12日 - 1967年5月6日)は東京府出身の作家。

牛鍋チェーン店"いろは"経営者木村荘平の妾腹の十男として、東京市深川区(現在の東京都江東区)の"いろは"第7支店に生まれる。
4歳のとき実母が愛人と失踪したため、東京市浅草区(東京都台東区)吉原日本堤の"いろは"第9支店に預けられ、そこが人手に渡ると、ただちに裏の家へと預けられて育った。

慶應義塾大学中退。
異母兄の第2代木村荘平と不和を生じて骨董店の店員となり、政治家の愛人と密通して共に渡満。
新聞記者生活や満蒙評論社経営を経験。
満洲では実母と再会し、彼女の死に水を取った。

別の女性と帰国した後、小説執筆に専念し、1932年、『血縁』でサンデー毎日大衆文芸賞を受ける。
1941年、『雲南守備兵』で直木賞を受賞。