芸能人・経営者のおくやみ情報

笠智衆 氏

俳優[日本]

1993年 3月16日 死去享年90歳

笠智衆 - ウィキペディアより引用

笠 智衆(りゅう ちしゅう、1904年(明治37年)5月13日 - 1993年(平成5年)3月16日)は、日本の俳優。
1925年(大正14年)に松竹に入社し、10年間ほど大部屋俳優として過ごした後、小津安二郎監督に見いだされ、彼の『大学よいとこ』で助演。
以降『晩春』『東京物語』など、小津作品には欠かせない俳優となった。
小津作品以外にも黒澤明、木下惠介、岡本喜八、山田洋次等、名匠の作品に数多く登場し、貴重なバイプレーヤーとして活躍。
一貫して日本の父親像を演じてきた。
映画俳優へ 熊本県玉名郡玉水村(現玉名市)立花で父淳心、母トシの次男として生まれる。
生家は浄土真宗本願寺派来照寺 で、父が住職を務めていた。
「笠智衆」という名前は本名である。
玉水村立玉水尋常小学校、熊本県立玉名中学校(現熊本県立玉名高等学校・附属中学校)を卒業 後、旧制の東洋大学印度哲学科に入学。
大学は実家の寺を継ぐために進学すると両親には告げていたが、実際にはその気はなかったという。
1925年(大正14年)に大学を中退し、松竹蒲田撮影所の俳優研究所第一期研究生の募集に合格、入所した。

りゅうちしゅう [生]1904.5.13.熊本[没]1993.3.16.神奈川映画俳優。1926年松竹に入社。10年近く大部屋俳優として過したのち,小津安二郎に認められ,『大学よいとこ』(1936)に出演。以後,出世作『一人息子』(36)や『父ありき』(42),『晩春』(49),『東京物語』(53),『秋刀魚の味』(62)など,おもに小津作品で味わい深い演技をみせる。ほかに『手をつなぐ子等』(48),『野菊の如き君なりき』(55),『家族』(70)など。寅さんシリーズのほかテレビドラマでも味わい深い演技をみせた。 (引用元 コトバンク)