訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

夢路いとし 氏

漫才師[日本]

2003年 9月25日 死去肺炎享年78歳

夢路 いとし(ゆめじ いとし、1925年3月27日 - 2003年9月25日、本名:篠原博信(しのはら ひろのぶ))は、実弟である相方・喜味こいしとのしゃべくり漫才コンビ夢路いとし・喜味こいしで上方演芸界にその名を知られる漫才師である。
来歴・生涯 神奈川県横浜市鶴見区出身。
上方漫才界を代表する人物であるのに横浜出身とされているのは、一家が旅回りの芸人一家であったため、たまたま横浜で生を受けたという事情によるものである。
横浜以外にも、全国津々浦々の地を少年時代からまわっていた。
1937年に上方漫才の荒川芳丸に入門。
1940年に吉本興業からデビュー、当時のコンビ名は「荒川芳博・芳坊」(「夢路いとし・喜味こいし」に改名する前に一時父親の姓“山田”を使い「山田博・勲」を名乗っていた。
“篠原”は母親の姓)。
それからは全国各地にあった吉本が運営する寄席(ミナミの南陽館など)で稽古を積む。
戦後、秋田實が主宰する宝塚新芸座に参加。
1948年に「夢路いとし・喜味こいし」(当初は「夢路いと志・喜味こい志」)に改名。

「夢路いとし」と関連する人物(故人)