芸能人・経営者のおくやみ情報

富田勝 氏

プロ野球選手[日本]

2015年 5月26日 死去肺がん享年69歳

富田勝 - ウィキペディアより引用

富田 勝(とみた まさる、1946年10月11日 - 2015年5月26日)は、日本のプロ野球選手(内野手、外野手)、野球解説者、タレント、実業家。
来歴・人物 大阪府出身。
興國高校では1964年夏の甲子園府予選準々決勝に進出するが、阿野鉱二、堀井和人のいた明星高に9回逆転負け。
卒業後は法政大学経済学部に進学。
東京六大学リーグでは在学中3度のリーグ優勝を経験。
1968年の全日本大学野球選手権大会では、1年下のエース山中正竹の好投もあり、決勝で駒大を降し優勝。
田淵幸一、山本浩司と共に「法政三羽ガラス」と呼ばれ、リーグ屈指の内野手として鳴らした。
リーグ通算67試合出場、248打数75安打、打率.302、8本塁打、43打点。
ベストナイン(三塁手)2回選出。
1969年ドラフト1位で南海ホークスに入団。
1年目から75試合に出場。
翌1970年はレギュラー三塁手に定着、23本塁打を放ち、規定打席にも到達(10位、打率.287)する。
最終戦では四番打者で先発出場しており、その時の一番打者は、他の129試合は四番を打っている野村克也選手兼任監督であった。

60〜70年代のプロ野球選手。 ポジションは内野手→外野手。 法政大学在学時には、山本浩二・田淵幸一と並んで、法政三羽烏と称さた。 1968年、ドラフト1位で南海ホークスに入団。 1973年、読売ジャイアンツへ移籍。 1976年、日本ハムファイターズで、外野手にコンバートする。 1980年、中日ドラゴンズへ移籍。 若手の台頭など様々な理由から、1982年に現役引退。 通算成績:1303試合出場、打率.269(4028打数1087安打)、107本塁打。 * (引用元 Hatena Keyword)