訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

川手ミトヨ 氏

長寿世界一[日本]

2003年 11月13日 死去肺炎享年114歳

川手 ミトヨ(かわて ミトヨ、1889年(明治22年)5月15日 - 2003年(平成15年)11月13日)は、一時期、存命人物のうち世界最高齢だった日本の女性。
旧広島県安芸郡馬木村(広島市東区)の農家に生まれた。
広島での原爆投下時、知人を探すために広島市内に入っており、被爆した。
99歳前後まで農作業をしていたが、手の怪我などでやめる。
その後車椅子とベッド生活になり、1993年10月から死去まで特別養護老人ホームで暮らした。
2003年9月28日、中願寺雄吉の死去により、存命人物のうち日本最高齢となる。
ギネスブックで存命人物のうち世界最高齢と認定されていたが、同年11月13日に肺炎のため死去。
114歳と182日。
川手の死去に伴い、存命人物のうち日本最高齢は小山ウラになった。
(なお2003年11月8日に死去したアルバニア在住の女性、ハバ・レジャが1946年当局発行の証明書に1880年8月生まれ(=死去当時123歳)とあり、世界最高齢の可能性があると報道された。
題名
うまきの昔〈3〉川手ミトヨさんを囲んで (1985年)
著者
広島市馬木公民館
発売元
広島市馬木公民館
発売日
1985
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP