芸能人・経営者のおくやみ情報

マイヤ・プリセツカヤ 氏Maya Mikhailovna Plisetskaya

バレリーナ[ロシア]

2015年 5月2日 死去心臓発作享年91歳

マイヤ・プリセツカヤ - ウィキペディアより引用

マイヤ・ミハイロヴナ・プリセツカヤ(ロシア語: Майя Михайловна Плисецкая, ラテン文字表記:Maya Mikhailovna Plisetskaya, 1925年11月20日 - 2015年5月2日)は、ロシアのバレエダンサー。
20世紀最高のバレリーナと称された。
生い立ち マイヤ・プリセツカヤはモスクワで、芸術家を多く輩出する有名なユダヤ人一家に生まれた。
エンジニアの父の仕事の都合で、スピッツベルゲン島の学校へ通う。
1938年、父親はスターリンの粛清により処刑され、サイレント映画女優だった母親はカザフスタンへ強制送致された。
マイヤは母方のおばにあたるバレリーナスラミフィ・メッセレルの養子となった。
1934年、一家は休暇のためモスクワに帰り、その期間中に、マイヤは帝室バレエ学校のエフゲニヤ・イワノヴナ・ドリンスカヤのクラスに編入する。
バレエを始めて1年目で「軍縮会議」という演目の中国人役で舞台に立つ。
その後再びモスクワに戻り、バレリーナであったエリザヴェータ・ゲルトのもとで6年間学ぶ。

Maya Mikhailovna Plisetskaya ロシア語表記:Майя Михайловна Плисецкая ロシアのバレエ・ダンサー。 1925年11月20日、生まれ。2015年5月2日、死去。 元ボリショイ・バレエのプリマであり、現代でも最高のバレエ・ダンサーと称された。特に、アンナ・パヴロワの代表作である「瀕死の白鳥」、「白鳥の湖」のオデット姫/オディールなどで名高い。 自身の名を冠したマイヤ・プリセツカヤ国際バレエコンクールもあり、審査員長を務めていた。 大変な親日家でもある。 2006年、第18回高松宮殿下記念世界文化賞の演劇・映像部門を受賞。 2011年、旭日中綬章を受章。 (引用元 Hatena Keyword)

「マイヤ・プリセツカヤ」と関連する人物(故人)