訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

原田泰夫 氏

元日本将棋連盟会長[日本]

2004年 7月11日 死去肺炎享年81歳

原田泰夫 - ウィキペディアより引用
原田 泰夫(はらだ やすお、1923年3月1日 - 2004年7月11日)は、将棋棋士。
棋士番号35。
新潟県西蒲原郡(現在の燕市)出身。
分水町名誉町民。
加藤治郎名誉九段門下。
1961年から6年間、日本将棋連盟の会長を務めた。
10歳のころ、13世名人(関根金次郎)の立派な指導対局姿に心を打たれ、棋士を志す。
原田の父は棋士になることに反対していたが、結局は高等小学校を卒業した原田とともに上京して棋士になる手助けをしている。
はじめに縁のあった溝呂木光治八段を訪ねたが、自分は弟子運がよくないということで当時五段だった加藤治郎を紹介し、加藤に弟子入りすることになった。
将棋の初心者向け解説者として最も著名なうちの一人。
常に目先を読む「三手の読み」(こうやる、こう来る、そこでこう指す)を提唱し、普及にも力を注いだ。
格言も多く作っており、今日知られる格言の多くは原田によるものである。
自分のことを「原田」と呼ぶ、人を呼ぶときに「やあこれは巨匠」と呼びかけるなど、独特の表現で人気があり、将棋界以外でも有名であった。