芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード・ドリンカー・コープEdward Drinker Cope

生物学者[アメリカ]

1897年 4月12日 死去享年58歳

エドワード・ドリンカー・コープ - ウィキペディアより引用
エドワード・ドリンカー・コープ(英語: Edward Drinker Cope、1840年7月28日 - 1897年4月12日)はアメリカの古生物学者、比較解剖学者である。
定向進化論者でありコープの法則(Cope's law)に名を残している。
生涯 1840年、ペンシルベニア州フィラデルフィアのクエーカー教徒の両親の元に生まれる。
幼くして博物学に興味を持ち、1859年にはフィラデルフィアの自然科学アカデミー(The Academy of Natural Sciences)にイモリ科(Salamandaride)についての論文を報告している。
同じ頃にワシントンD.C.のスミソニアン協会の Megatherium Club に加入していた。
ペンシルベニア大学に学んだ後ヨーロッパを遊学し更に勉強を続けた。
1865年、自然科学アカデミーのキュレーターに任じられ1873年までこの地位にあった。
1864年から1867年まで、ハバフォード大学の自然科学の教授を務める。
1889年にペンシルベニア大学の地質学と古生物学の教授に就く。