芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木善幸 氏(すずきぜんこう)

政治家、第70代内閣総理大臣[日本]

2004年 7月19日 死去肺炎享年94歳

鈴木善幸 - ウィキペディアより引用

鈴木 善幸(すずき ぜんこう、1911年(明治44年)1月11日 - 2004年(平成16年)7月19日)は、日本の政治家。
位階勲等は正二位大勲位。
郵政大臣(第15代)、内閣官房長官(第26代)、厚生大臣(第43代)、自由民主党総務会長(第15・17・23代)、農林大臣(第48代)、自由民主党総裁(第10代)、内閣総理大臣(第70代)などを歴任した。
来歴・人物 前半生 岩手県下閉伊郡山田町のアワビ、スルメ漁、水産加工業を営む網元の家に生まれた。
水産学校を経て水産講習所(後の東京水産大学・現東京海洋大学)に入学、学生時代の弁論大会で網元制度の前近代性に疑問を投げかける主張を行ったこともあり、就職時には思想傾向を理由に不採用になったこともある(共産主義思想と見なされた)。
水産講習所卒業後、日本水産界の総帥と言われた大日本水産会会長の伊谷似知次郎の秘書となり、全国漁業組合連合会、岩手県漁業組合連合会に勤務したのち、中央水産業会企画部次長を務めた。

すずきぜんこう [生]1911.1.11.岩手[没]2004.7.19.東京政治家。1935年水産講習所卒業,大日本水産会に入った。1947年日本社会党から衆議院議員に初当選したが,1949年民主自由党に転じた。以後連続当選14回(1980)。1955年の自由民主党結成以来一貫して池田派,大平派に所属し,その幹部となった。1960年池田内閣の郵政大臣,1964年官房長官。1965年厚生大臣,1976年農林水産大臣を歴任。しばしば党総務会長となり,党内とりまとめの手腕には定評があった。1980年6月大平正芳首相が急死したあと首相に就任。行政改革,財政改革に取り組み1982年10月辞任。1990年引退。 (引用元 コトバンク)