芸能人・経営者のおくやみ情報

前田寛治(まえだかんじ)

画家[日本]

1930年 4月16日 死去鼻孔内腫瘍享年35歳

まえだかんじ [生]1896.10.1.鳥取,北条[没]1930.4.16.東京洋画家。1921年東京美術学校卒業,翌1922年フランスに留学。エコール・ド・パリの自由な雰囲気にふれ,一方ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル,ギュスターブ・クールベにひかれ,知的な新しい写実を目指した。1925年帰国,同年帝国美術展覧会(帝展)特選(→官展)。1929年『海』(東京,タイ大使館)で帝国美術院賞を受けた。一方,1926年佐伯祐三,里見勝蔵らと一九三〇年協会を設立して滞欧作40点を出品。また本郷湯島に前田写実研究所を開設して,唯物史観に基づく知的で新しい写実主義を主張した。主要作品『二人の労働者』(1923,大原美術館),『赤い帽子の少女』(1925,兵庫県立近代美術館),『裸婦』(1925,東京国立近代美術館),『裸体』(1928,東京国立近代美術館)。(→リアリズム[美術]) (引用元 コトバンク)