芸能人・経営者のおくやみ情報

遠山一行 氏

音楽評論家、元桐朋学園大学長[日本]

2014年 12月10日 死去脳梗塞享年93歳

遠山 一行(とおやま かずゆき、1922年7月4日 - )は東京府出身の音楽評論家、実業家。

日興證券会長遠山元一の長男として東京市麻布区笄町(現在の東京都港区 (東京都) 港区西麻布)に生まれ育つ。
クリスチャンの家庭であり、一行自身もプロテスタントの信仰で育った。

1929年、成城学園小学校に入学。
同級に加藤一郎 (法学者) 加藤一郎がいた。
1933年、いわゆる成城事件(成城騒動)により自主退学し、第2学期から港区立南山小学校 麻布区立南山小学校に転校。
1935年、府立高等学校 (旧制) 府立高等学校尋常科に入学。
第1学年2学期からピアノを朴啓成(後の属啓成)に師事。
1939年、府立高等学校文科乙類に進学。
酒井悌(やすし)にチェロと和声学を学ぶ。
1940年から成城学園の合唱団に加わり、ヨーゼフ・ローゼンシュトックの指揮のもとにハイドンのオラトリオ『四季』、モーツァルト『レクイエム』、バッハ『マタイ受難曲』などを演奏。
1942年、東京大学 東京帝国大学文学部美学美術史学科に進み、属啓成のもとで一時中断していたピアノのレッスンを再開。
1943年12月、第1回学徒動員により東部第6部隊に編入され、戦時中は1945年7月から甲府の連隊で暗号教育の教官を務めるなど、1945年9月に復員するまで内地で軍隊生活を送る(この間、1944年9月、入隊中に帝大美学科を卒業)。
1946年4月、東京大学大学院に進み、音楽美学を専攻。
同年、『音楽する心』が『音楽之友』誌の7・8月合併号に掲載されたところ野村光一に注目され、野村の勧めで10月から毎日新聞に音楽時評を執筆。
1948年4月、慶應義塾高等学校講師となり、西洋音楽史を担当(1949年3月まで)。
当時の受持ちのクラスに林光がいた。
同年9月、齋藤秀雄たちの発議により子供のための音楽教室が開 ……

とおやま-かずゆき 1922-2014昭和後期-平成時代の音楽評論家。大正11年7月4日生まれ。日興證券(現・SMBC日興証券)創立者・遠山元一の子。属啓成(さっか-けいせい)に師事。昭和22年より「毎日新聞」の音楽評欄を担当。26年フランスに留学。34年桐朋学園大教授(平成7-8年学長)。42年江藤淳,高階秀爾,古山高麗雄(こまお)らと「季刊芸術」を創刊。東京文化会館館長,日本音楽コンクール運営委員長,東京芸術劇場館長などをつとめた。平成10年文化功労者。平成26年12月10日死去。92歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「ショパン」「名曲のたのしみ」「私の音楽手帖」「いまの音むかしの音」など。 (引用元 コトバンク)