芸能人・経営者のおくやみ情報

呉清源 氏(ごせいげん)

囲碁棋士[中国→日本]

2014年 11月30日 死去老衰享年101歳

呉清源 - ウィキペディアより引用

呉 清源(ご せいげん、1914年6月12日 - 2014年11月30日 )は、囲碁の棋士。
中国福建省出身、日本棋院瀬越憲作名誉九段門下。
本名は呉 泉(くれ いずみ)、清源は通称名。
一時日本棋院を離れて読売新聞嘱託となるが、後に復帰。
日本棋院名誉客員棋士。
木谷實とともに「新布石」の創始者としても知られる。
来日まで 父呉毅(炎曾)の三男として福州に生まれる。
先祖は代々官職について「書香一門」とも呼ばれていたが、呉毅は福建高等学堂卒業後の1913-14年頃に日本に留学し、呉清源誕生後に北京に移る。
留学中に囲碁に興味を持ち、方円社に通うなどして初段に二子ほどの腕前となり、帰国時には多くの棋書を持ち帰っていた。
北京では義父張元奇のつてで平政院に勤めた。
4歳のときにヘルニアに罹り、治りきらないままとなる。
5歳から父に四書五経を学ばせられる。
7歳のとき囲碁を教えられ、父が日本に留学した時に持ち帰ったり、取り寄せたりした棋書(『囲棋新報』合本、『敲玉余韵』(本因坊秀策の棋譜集)、御城碁の棋譜など)により学ぶ。

ごせいげん [生]1914.5.19.中国,福建[没]2014.11.30.神奈川,小田原囲碁棋士。少年期から中国の北京碁界で天才棋童として名が高かった。1928年に14歳で渡日,瀬越憲作門下に入った。3局の試験手合で日本棋院から「飛びつき3段」を許され,1930年から大手合に参加。1933年秋,木谷実とともに新布石(→布石)旋風を起こした。1936年日本に帰化。1939年木谷との対戦以来,読売新聞主催の「打ち込み十番碁」を主として活躍。1942年8段。第2次世界大戦後は日本棋院を離脱して読売新聞と特約関係に入り,十番碁で一流棋士をことごとく打ち込んだ。1950年日本棋院から9段を贈られた。戦後中国籍に戻ったが,1979年に日本国籍を再取得。1988年日本文化界囲碁代表団の名誉顧問として中国を訪れて大歓迎を受けた。日本棋院名誉客員棋士。弟子に林海峰9段がいる。主著『呉清源打碁全集』(全4巻,1973~74)。(→碁) (引用元 コトバンク)