芸能人・経営者のおくやみ情報

田中森一 氏

元特捜部検事、元弁護士[日本]

2014年 11月22日 死去享年72歳

田中 森一(たなか もりかず、1943年(昭和18年)6月8日 - 2014年(平成26年)11月22日)は、日本の元検察官、元弁護士(登録番号:20465)である。
  長崎県平戸市出身。
岡山大学法文学部在学中に司法試験に合格する。
検察時代は大阪地検特捜部、東京地検特捜部等に所属し、「特捜のエース」として数々の汚職事件を担当した。
1987年(昭和62年)のバブル景気絶頂期に弁護士へ転身。
山口組などの暴力団幹部や仕手筋、総会屋など、いわゆる裏社会の人間の顧問弁護士を多く務めたほか、許永中や中岡信栄などの裏社会の人物との親交も深く、「闇社会の守護神」、「闇社会の代理人」などと呼ばれていた。
また山口敏夫をはじめとする清和会系政治家との関係も深かった。
検察時代から「ヤメ検」弁護士時代の経験をつづった『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』など複数の著書があり、同書はベストセラーとなった。
石橋産業事件での有罪判決を受けて、2008年(平成20年)4月1日付で受刑者となり、滋賀刑務所に収監される。

日本の元弁護士。元検察官。 1943年6月8日、生まれ。2014年11月22日、死去。 長崎県平戸市出身。岡山大学卒業。 検察官時代は東京地検特捜部に所属して数々の汚職事件などを担当した。 弁護士に転進して、2010年に依頼者からの預かり金を詐取したとする事件で実刑判決が確定していた。 (引用元 Hatena Keyword)

「田中森一」と関連する人物(故人)