訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ハンス・ナイマン 氏

格闘家[オランダ]

2014年 11月5日 死去射殺享年56歳

ハンス・ナイマン(Hans Nijman、1959年9月23日 - 2014年11月5日)は、オランダ出身の総合格闘家。
元々は伝統派空手の出身で、WUKO(WKFの前身)の世界選手権で3位の実績を持つ。
リングス・オランダ所属。
リングス参戦当初は、伝統空手出身というハンディキャップもあり、敗戦を続けるも、経験を積み、当て感が磨かれてくるにつれ、独特の二段蹴り(後述)により、多くのファイターをKOするようになった。
藤田和之のPRIDEデビュー戦(2000年1月30日)の相手も務めた。
その後もリングス・オランダに所属し、指導員として後進の育成に当たっていた。
2014年11月5日、オランダ・ベーフェルウェイクのディック・フライと共同経営するジムの前で車に乗っていたところ、銃で撃たれて死去。
55歳没。
戦績 得意技 ナイマン蹴り ナイマン蹴りは、ナイマン独特の中段から上段へと変化する二段蹴り。
対戦者が胸元にくる最初の中段蹴りをガードしようとすると、次の瞬間足が上に伸びて二発めの蹴りがノーガードの顔面にヒットする。

↑ PAGE TOP