芸能人・経営者のおくやみ情報

川口幹夫 氏

元NHK会長[日本]

2014年 11月5日 死去享年89歳

川口 幹夫(かわぐち みきお、1926年9月25日 - 2014年11月5日)は、日本のテレビプロデューサー、テレビディレクター。
日本放送協会(NHK)の第16代会長。
東京都出生、鹿児島県川辺郡川辺町(現南九州市)育ち(関東在住の南薩出身者で構成される興南会会長も歴任)。
目加田さくを著『花萬葉』の撮影者で知られる写真家の川口小夜子(1929年 - 1994年)は妻。
童謡歌手の川口京子は長女。
来歴・人物 生後間もなく父が死去し1929年に母と別れて鹿児島県川辺郡川辺町(現南九州市)に移住し祖母らに育てられる。
旧制県立四中(現・県立川辺高校)、旧制七高を経て、東京大学文学部卒業後、1950年NHKに入局。
初任地は福岡放送局。
その後、演芸畑を歩む。
入局直後の1951年に放送された『第1回NHK紅白歌合戦』をラジオで聞いた川口は『NHK紅白歌合戦』が将来大きくなることを予想したという(この時、紅白が長寿番組化することを予想していたスタッフはいなかったという)。