芸能人・経営者のおくやみ情報

奥大介 氏(おくだいすけ)

サッカー選手[日本]

2014年 10月17日 死去交通事故享年39歳

奥 大介(おく だいすけ、1976年2月7日 - 2014年10月17日)は、日本の元サッカー選手。
元サッカー日本代表。
ポジションはミッドフィールダー。
兵庫県尼崎市出身。
ユース時代 小学校3年よりサッカーを始める。
小学生時代は尼崎市内の浦風フットボールクラブで、中学校時代は通学先のサッカー部でプレーした。
1991年に神戸弘陵学園高等学校に入学しサッカー部に入部。
2年時と3年時の2度全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、特に第72回全国高等学校サッカー選手権大会では大会ベスト8を経験し大会優秀選手にも選出された。
ジュビロ磐田時代 1994年、Jリーグ参入間もないジュビロ磐田に加入。
U-19およびU-20日本代表に選出され、アジアユースおよびワールドユースに出場した。
ワールドユースでは準々決勝のブラジル戦にて1得点を挙げた。
1996年5月4日、第12節(対戦相手: サンフレッチェ広島)戦でリーグ戦初出場。
1997年度からレギュラーに定着し、7月5日のファーストステージ第13節(対戦相手: 京都パープルサンガ)にて前半42分にリーグ戦初得点を挙げた。

「奥大介」と関連する人物(故人)