芸能人・経営者のおくやみ情報

坂本義和 氏

東京大名誉教授・国際政治学[日本]

2014年 10月2日 死去享年88歳

坂本 義和 (さかもと よしかず、1927年9月16日 - 2014年10月2日)は、日本の政治学者。
東京大学名誉教授、国際基督教大学平和研究所顧問。
専門は、国際政治学、平和学。
戦後の進歩的文化人を代表する人物の一人であり、学問的活動とともに、論壇で発言し続けた。
父は東亜同文書院教授の坂本義孝。
米国ロサンゼルスで義孝・太代子の第三子として生まれた。
生後間もなく上海に移り、小学3年まで同地ですごした後、日本(鎌倉・東京)に定住することになった。
1945年3月に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。
旧制第一高等学校を経て、1948年東大法学部に入学し、演習は丸山ゼミであった。
1951年東京大学法学部卒業。
1954年4月助教授に任命される。
1955年7月シカゴ大学に留学し、ハンス・J・モーゲンソーに師事。
1959年、雑誌『世界』(1959年8月号)掲載の「中立日本の防衛構想」で国連警察軍駐留論を唱える。
1964年から1988年まで法学部教授として国際政治学を担当する。

さかもと-よしかず 1927-2014昭和後期-平成時代の国際政治学者。昭和2年9月16日ロサンゼルス生まれ。昭和39年東大教授。41年「日本外交への提言」で第1回吉野作造賞。51年「平和―その現実と認識」で毎日出版文化賞。63年明治学院大教授。国際平和への道すじを論理的に追求し,国際社会の非武装化による世界新秩序理論を提唱。核兵器否定,革新的ナショナリズムによる日本の中立を説いた。平成26年10月2日死去。87歳。東大卒。著作はほかに「軍縮の政治学」「地球時代の国際政治」など。平成16-17年「坂本義和集」(全6巻)。 (引用元 コトバンク)