訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アンドレア・デ・チェザリス 氏

元F1ドライバー[イタリア]

2014年 10月5日 死去交通事故享年56歳

アンドレア・デ・チェザリス - ウィキペディアより引用
アンドレア・デ・チェザリス(Andrea De Cesaris 、1959年5月31日 - 2014年10月5日)は、イタリア出身の元レーシングドライバー。
クラッシュが多いことを揶揄され、「壊し屋」、また壊し屋(Crasher)と姓(Cesaris)を掛けて、「クラッシャリス(Crasheris)」と呼ばれることもあった。
人物紹介 2008年現在、F1において、未勝利者では「歴代最多出走回数(208回、歴代出走回数では8位、2011年シーズン終わりの時点)」である。
また、リタイア総回数・連続リタイヤ数も第1位である(生涯完走率は34.1%にすぎない)。
マールボロからの個人スポンサーを受けていたことから、シートに困らなかったことも、ずっと同じようなドライビングを繰り返していた原因の一つと言われる。
後には下位チームに在籍することが多くなり、マシンの信頼性が低く、苦戦したことも起因するという意見もある。
キャリア15年で延べ12チームに在籍し、移籍の多いF1キャリアだった。
公道コースを得意としていた。
期待の若手時代 フィリップモリス重役の息子という裕福な環境に育ち、若いころからマールボロのサポートを受ける。

↑ PAGE TOP