芸能人・経営者のおくやみ情報

村岡花子 氏

翻訳家[日本]

1968年 10月25日 死去脳血栓享年76歳

村岡花子 - ウィキペディアより引用
村岡 花子(むらおか はなこ、1893年〈明治26年〉6月21日 - 1968年〈昭和43年〉10月25日)は日本の翻訳家・児童文学者。
児童文学の翻訳で知られ、モンゴメリの著作の多くと、エレナ・ポーター、オルコットなどの翻訳を手がけた。
基督教文筆家協会(現日本クリスチャン・ペンクラブ)初代会長(在任、1952年〈昭和27年〉6月 - 1958年〈昭和33年〉10月)。
生い立ち 山梨県甲府市の安中逸平・てつ夫妻の長女として生まれる。
本名は村岡 はな(むらおか はな)、旧姓:安中(あんなか)。
クリスチャンである父の希望により、2歳でカナダ・メソジスト派の甲府教会において小林光泰牧師より幼児洗礼を受ける。
父の逸平は駿府(現静岡市)の小さな茶商の家に生まれ、茶の行商中にカナダ・メソジスト派教会に出入りするようになり、熱心なクリスチャンとなる。
布教の流れで甲府に移り住み、そこで出会ったてつと結婚してその実家に住むようになる。
教会での交流で新しい文化の影響を受けた逸平は、利発な長女のはなに過剰なほどの期待をかけた。