芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・ディクスン・カー 氏

ミステリー作家[アメリカ]

1977年 2月27日 死去肺がん享年70歳

ジョン・ディクスン・カー(John Dickson Carr, 1906年11月30日 - 1977年2月27日)は、アメリカ合衆国の推理作家である。
密室殺人を扱った推理小説で知られる。
カーター・ディクスン(Carter Dickson)というペンネームでも多くの作品を発表した。
日本では、カーの80冊を超える著書のほとんどが翻訳されている。
ペンシルベニア州ユニオンタウン(Uniontown)でスコッチ・アイリッシュの家系に生まれる。
父ウッダ・ニコラス・カーは弁護士で下院議員や郵便局長も務めた。
1921年にハイスクールの学内誌に発表した推理小説が最初の創作である。
ハバフォード大学に進学後も、学生雑誌に歴史小説やアンリ・バンコランの登場する推理小説を発表する。
同人の中にはやはり作家として名を上げるフレデリック・プロコシュ(Frederick Prokosch)がいた。
数学の単位が取れず2年で中退するとパリに遊学した。
帰国後、同人誌に発表した中編「グラン・ギニョール」(Grand Guignol 1929年)を長編化した『夜歩く』(1930年)が評判となり、専業作家の道が開けた。