松下幸之助 氏(まつしたこうのすけ)

実業家、松下電器産業創業者[日本]

1989年 4月27日 死去気管支肺炎享年96歳

松下幸之助 - ウィキペディアより引用

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家、発明家、著述家。
パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。
異名は経営の神様。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。
生い立ち 1894年11月27日、和歌山県海草郡和佐村千旦ノ木(現:和歌山市禰宜)に、小地主松下政楠・とく枝の三男として出生。
家が松の大樹の下にあったところから松下の姓を用いたとする。
1899年頃、父が米相場で失敗し破産したため、一家で和歌山市本町1丁目に転居し下駄屋を始めた。
しかし父には商才もなく店を畳んだため、尋常小学校を4年で中退し、9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公に出される。
後、奉公先を五代自転車に移した。
後のパナレーサー設立のきっかけになった。
自転車屋奉公時代、店に来た客にたびたびタバコを買いに行かされた。

まつしたこうのすけ [生]1894.11.27.和歌山,和佐[没]1989.4.27.大阪,守口昭和の代表的な実業家。家電製品メーカー,パナソニックの創立者。小学校4年で中退,大阪に奉公に出る。1910年大阪電灯の見習い工員となり,関西商工学校夜間部で学ぶ。1918年独立して小さなソケット製造所の松下電気器具製作所を設立。1923年自転車用電池ランプを開発,その後も電気アイロン,ラジオなどを開発してしだいに事業を拡張し,1933年大阪の門真に本店,ラジオ工場,乾電池工場を設立。このとき早くも事業部制を取り入れている。1935年株式会社に改組して松下電器産業(2008年パナソニックに改称)を設立。第2次世界大戦中は軍需生産も行なったが,戦後は民需に転換。1952年オランダのフィリップスと提携し合弁会社松下電子工業を設立。独特の経営理念と経営手腕により事業を飛躍的に拡充させ,業界随一の販売力を誇るにいたった。傘下に数多くの子会社,関連会社があり,それら企業の社長,会長などを務めたが,1973年松下電器産業の会長を辞任して経営の第一線から身をひいた。1946年PHP研究所,1979年松下政経塾創設。 (引用元 コトバンク)