芸能人・経営者のおくやみ情報

森本哲郎 氏(もりもとてつろう)

評論家[日本]

2014年 1月5日 死去虚血性心不全享年90歳

森本 哲郎(もりもと てつろう、1925年10月13日 - 2014年1月5日)は、日本の評論家。
東京都出身。
日本の文明批評の第一人者として知られた。
東京新聞記者、朝日新聞記者、フリーの批評家、情報番組のキャスター、大学教授、再びフリーと転身している。
朝日新聞記者時代には、1972年のグアム島で横井庄一が発見された際に現地取材を担当した。
フリーアナウンサー・森本毅郎は弟。
自身が「海外取材ニッポンの実力」のキャスターになったとき、毅郎は『NHKニュースワイド』のキャスターだったため、「テレビ界初の兄弟キャスター」と話題になった。
また、毅郎がNHKを退局してフリーになった際「組織に収まりきれないのが森本家の血筋」とコメントした。
2014年1月5日、虚血性心不全にて死去。
88歳没。
府立十中、府立高等学校 (旧制) を経て、 1948年:東京大学文学部哲学科を卒業し大学院に進学。
1949年:大学院在学のまま東京新聞に入社して社会部記者となる。
1950年:東京大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程を修了。

日本の評論家。1925年10月13日、東京都生まれ。弟はフリーアナウンサーの森本毅郎。東京大学卒業後、同大学の大学院に進学し、在学中に東京新聞に入社。大学院修士課程修了後の53年、朝日新聞社に移り、学芸部記者から編集委員などを歴任する。76年に同社を退社して以降は評論家として活動し、テレビ番組のキャスターも務めた。88年には東京女子大学教授に就任し、92年まで比較文明論、日本文化論を担当。主著に、旅行記『サハラ幻想行』『文明の旅』、随筆『ことばへの旅』などがある。2014年1月5日、虚血性心不全で死去。享年88。 (2014-1-14) (引用元 コトバンク)

「森本哲郎」と関連する人物(故人)