芸能人・経営者のおくやみ情報

大瀧詠一 氏

ミュージシャン歌手、元「はっぴいえんど」メンバー[日本]

2013年 12月30日 死去解離性動脈瘤享年66歳

大瀧 詠一、大滝 詠一(おおたき えいいち、本名:大瀧 榮一、1948年7月28日 - 2013年12月30日)は、日本のミュージシャン。
シンガーソングライター・作曲家・アレンジャー・音楽プロデューサー・レコードレーベルのオーナー・ラジオDJ・レコーディングエンジニア・マスタリングエンジニア・著述家、元Oo Records(現在は会社自体がない)取締役など、多くの顔を持つ。
娘婿は音楽プロデューサー・音楽評論家でバート・バカラック研究家の坂口修。
生い立ちと学生時代 岩手県江刺郡梁川村(後の江刺市、現:奥州市江刺区)生まれ。
母子家庭で育ち、母親が教師だったため、小学校・中学校でそれぞれ転校を経験している(小学校で江刺から遠野。
中学で遠野から釜石)。
小学5年の夏、親戚の家で聴いたコニー・フランシスの「カラーに口紅」(Lipstick On Your Collar)に衝撃を受けて以降、アメリカンポップスに傾倒。

日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。1948年7月28日、岩手県生まれ。本名、大瀧榮一(読みは同じ)。高校卒業後に上京し、70年に細野晴臣、松本隆、鈴木茂とロックバンド「はっぴいえんど」を結成。同バンド解散後の73年にレコードレーベル「ナイアガラ」を創設。山下達郎、大貫妙子が在籍していたバンド「シュガー・ベイブ」のプロデュースや、森進一、松田聖子らへの楽曲提供を手がける。自身のソロ作品では、81年発表のアルバム「ALONGVACATION」が大ヒット。97年に発表したシングル「幸せな結末」は、フジテレビ系の連続テレビドラマ「ラブジェネレーション」の主題歌としてミリオンセラーを記録した。2013年12月30日、解離性動脈瘤で死去。享年65。 (2014-1-6) (引用元 コトバンク)