訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

前田正 氏

政治家、元衆議院議員[日本]

2013年 10月28日 死去心不全享年67歳

赤尾氏、藤木氏、高日月氏、高畠氏、高田氏、木村氏、川口氏}}
家子(酒井忠篤 (安房勝山藩主) 酒井忠篤正室のち酒井忠英正室)
満子、前田利郷、為子(前田利理正室)、前田利寛}}
前田 正甫(まえだ まさとし)は、越中国 越中富山藩の第2代藩主。

慶安2年(1649年)8月2日、初代藩主・前田利次の次男として生まれる。
延宝2年(1674年)、父の死去により家督を継いで藩主となる。
藩政においては父の方針を受け継いで藩制の確立に務め、文武を奨励して多くの有能な人材を招聘し、但馬国 但馬からタタラ技術を導入して製鉄業を創始し、新田開発、治水工事、産業奨励などにも積極的に行なった。
また、正甫は製薬業に興味を持ち、反魂丹を製薬して諸国に広め、越中売薬の基礎を作った。

前田 正尚氏(まえだ・まさなお=日本政策投資銀行常務)4日午前、くも膜下出血のため東京都新宿区の病院で死去、57歳。東京都出身。葬儀は8日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻の好(このみ)さん。