芸能人・経営者のおくやみ情報

ボー・グエン・ザップ 氏

軍人[ベトナム]

(ベトナム独立の英雄)

2013年 10月4日 死去享年103歳

ボー・グエン・ザップ - ウィキペディアより引用

『ヴォー・グエン・ザップ』より : ヴォー・グエン・ザップ(ベトナム語: Võ Nguyên Giáp, 漢字:武元甲、1911年8月25日 - 2013年10月4日)は、ベトナムの軍人、政治家。
ベトナム共産党政治局員。
ベトナム人民軍 (QĐND) 総司令官。
最終階級は大将であった。
優れた軍事戦術家であったザップは、フランスの植民地支配の際、ディエンビエンフーの戦いによって、フランス領インドシナからベトナムを解放し、ベトナム人民軍の指導者としてアメリカ軍及び南ベトナム軍との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。
その名采配から、西側諸国からは「赤いナポレオン」と呼ばれ、ベトナム人民からは「ベトナム救国の英雄」として、ホー・チ・ミンと共に、深い敬愛と尊敬を集めた。
独立運動 1911年(1912年説あり)、フランス領インドシナのクアンビン省に生まれる。
父のヴォー・クアン・グエンと母のグエン・チー・キンは地主であり、何不自由ない幼少期を過ごした。
父は炭鉱職員として働く傍ら独立運動家でもあり、ザップが生まれる前にも2度独立運動に参加していた。

VoNguyenGiap [生]1912.フランス領インドシナ,クアンビン[没]2013.10.4.ベトナム,ハノイベトナムの政治家。ベトナム民主共和国(北ベトナム)人民軍,ベトナム共産党指導者。熱烈な反植民地主義の学者の子として,早くから自主ベトナムのために運動した。ホー・チ・ミンと同じ高等学校で学び,1926年ベトナム革命党に入党。1930年インドシナ共産党創立に参加したがフランス当局に逮捕され,ほどなく釈放。その後ハノイのリセ・アルベール・サローで学び,1930年代後半にハノイ大学で法学博士号を取得。1939年までリセの教壇に立った。同1939年共産党が非合法化されたため,ファン・バン・ドンらと中国南部に逃れ,中越国境付近で活動。1941年帰国して抗日ゲリラ隊を組織し,進駐していた日本軍と戦ったほか,反仏闘争を指導。1945年ホー・チ・ミン政権の発足とともに内務大臣,1946年国防大臣,1947年人民軍総司令官を兼任。1951年労働党中央委員会政治局員となり,1954年にはディエンビエンフーの戦いで北ベトナム軍に勝利をもたらし,軍事戦略家としての声価を高めた。1955年副首相に昇格,1960年7月から1963年まで国家科学委員会主任を兼任。1976年7月南北ベトナムが統一されてベトナム社会主義共和国が発足すると,新政府の副首相兼国防相に就任。1980年2月から副首相に専任。1982年第5回党大会で政治局員の肩書きをはずされた。 (引用元 コトバンク)