芸能人・経営者のおくやみ情報

三善晃 氏

作曲家[日本]

2013年 10月4日 死去心不全享年81歳

三善 晃(みよし あきら、1933年1月10日 - 2013年10月4日)は日本の作曲家。
東京府東京市杉並区阿佐谷(現:東京都杉並区)に生まれる。
幼少より、自由学園においてピアノ演奏法、音楽基礎を学び、小学校に上がる頃より高校まで、ヴァイオリン演奏法と作曲を平井康三郎、後には池内友次郎に師事。
都立高等学校尋常科から同高等科を経て東京大学文学部仏文科在学中に、フランス政府給費学生として1955年から1958年にかけてパリ国立高等音楽院に留学、その後、中退。
在学中はアンリ・シャラン、レイモン・ガロワ=モンブランに師事した。
1960年東大仏文科卒業。
1963年東京藝術大学講師、1966年桐朋学園大学教授、1970年芸術祭優秀賞受賞。
1972年西川由紀子と結婚。
1974年から1995年まで桐朋学園大学長。
1985年芸術選奨文部大臣賞受賞。
1990年日本芸術院賞受賞、モービル音楽賞受賞。
1991年東京都文化賞受賞。
1995年富山キャンパス問題の責任をとる形で学長を退任。
1996年東京文化会館長、フランス政府から文芸オフィシエ勲章を受ける。

歌曲や管弦楽曲などを幅広く手掛け、日本のクラシック音楽界をけん引してきた作曲家で、文化功労者の三善晃(みよし・あきら)さんが4日午前10時55分、心不全のため東京都内の病院で死去した。80歳だった。東京都出身。葬儀は家族のみで行われた。後日お別れの会を開く。喪主は妻由紀子(ゆきこ)さん。 東大文学部仏文科卒。在学中に日本音楽コンクール作曲部門第1位、尾高賞などを受賞。1955〜57年、パリ音楽院に留学。西洋の作曲技法を習得した上で、日本の感性を生かした作曲を続けた。代表作に、合唱と管弦楽のための三部作「レクイエム」「詩篇」「響紋」や、原爆投下の日付をモチーフにした管弦楽曲「夏の錯乱」などがある。99年には初のオペラ「遠い帆」を発表した。 桐朋学園大で後進の指導に当たり、同大学長も務めた。96〜2004年、東京文化会館館長。99年、日本芸術院会員。01年、文化功労者。 

みよしあきら [生]1933.1.10.東京[没]2013.10.4.東京作曲家。幼少よりピアノ,作曲を学び,のちに平井康三郎に師事する。1951年東京大学文学部仏文学科に入学,1953年に日本音楽コンクール作曲部門で第1位。翌1954年に尾高賞,芸術祭賞奨励賞を受賞し,鮮やかなデビューが注目を集めた。1955~57年パリ国立音楽院に留学してレイモン・ガロア=モンブランに師事。作曲家アンリ・デュティユーの影響を受けた。帰国後東京大学に復学,1960年に卒業。1974~95年桐朋学園大学の学長を務めた。代表作に管弦楽曲『交響三章』(1960),『レクイエム混声合唱とオーケストラのための』(1971),『チェロ協奏曲』(1974)など。作品には合唱曲も多い。多くの賞を受け,2000年には初のオペラ『遠い帆』(1993)で第31回サントリー音楽賞を受賞。1984年フランス芸術文化勲章を受章。1999年日本芸術院会員,2001年文化功労者に選ばれた。 (引用元 コトバンク)