芸能人・経営者のおくやみ情報

山崎豊子 氏(やまさきとよこ)

作家[日本]

2013年 9月29日 死去呼吸不全享年90歳

山崎豊子 - ウィキペディアより引用
山崎 豊子(やまさき とよこ、1924年(大正13年)1月2日 - 2013年(平成25年)9月29日)は、日本の小説家。
本名、杉本 豊子(すぎもと とよこ)。
大阪府大阪市南区(現在の中央区)船場出身。
実家は老舗昆布屋の小倉屋山本。
1937年(昭和12年)、旧制大阪市芦池尋常小学校(現在の大阪市立南小学校)卒業。
1941年(昭和16年)、旧制相愛女学校(現在の相愛中学校・高等学校)卒業。
1944年(昭和19年)、旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文学科卒業。
旧制女専を卒業後、毎日新聞社に入社した。
大阪本社調査部を経て1945年(昭和20年)学芸部に勤務し、学芸副部長(当時)・井上靖のもとで記者としての訓練を受けた。
勤務のかたわら小説を書きはじめ、1957年(昭和32年)に生家の昆布屋をモデルに、親子二代の商人を主人公とした『暖簾』を刊行して作家デビュー。
翌年吉本興業を創業した吉本せいをモデルにした『花のれん』により第39回直木賞受賞。
新聞社を退職して作家生活に入った。
初期の作品は船場など大阪の風俗に密着した小説が多く、その頂点が足袋問屋の息子の放蕩・成長を描いた『ぼんち』であり、市川雷蔵主演により映画化された。