芸能人・経営者のおくやみ情報

山崎豊子 氏(やまさきとよこ)

作家[日本]

2013年 9月29日 死去呼吸不全享年90歳

山崎豊子 - ウィキペディアより引用

山崎 豊子(やまさき とよこ、1924年(大正13年)1月2日 - 2013年(平成25年)9月29日)は、日本の小説家。
本名、杉本 豊子(すぎもと とよこ)。
大阪府大阪市南区(現在の中央区)船場出身。
実家は老舗昆布屋の小倉屋山本。
1937年(昭和12年)、旧制大阪市芦池尋常小学校(現在の大阪市立南小学校)卒業。
1941年(昭和16年)、旧制相愛女学校(現在の相愛中学校・高等学校)卒業。
1944年(昭和19年)、旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文学科卒業。
旧制女専を卒業後、毎日新聞社に入社した。
大阪本社調査部を経て1945年(昭和20年)学芸部に勤務し、学芸副部長(当時)・井上靖のもとで記者としての訓練を受けた。
勤務のかたわら小説を書きはじめ、1957年(昭和32年)に生家の昆布屋をモデルに、親子二代の商人を主人公とした『暖簾』を刊行して作家デビュー。
翌年吉本興業を創業した吉本せいをモデルにした『花のれん』により第39回直木賞受賞。
新聞社を退職して作家生活に入った。
初期の作品は船場など大阪の風俗に密着した小説が多く、その頂点が足袋問屋の息子の放蕩・成長を描いた『ぼんち』であり、市川雷蔵主演により映画化された。

小説家。1924年、大阪・船場の老舗昆布店に生まれる。実際の事件や出来事に基づいた、権力や組織の裏側などに迫る社会性の強いテーマに加え、人間模様も織り交ぜた物語で幅広い層から支持を得る。代表作の一つ『不毛地帯』は累計540万部を誇るベストセラーとなっている。精力的で綿密な取材と、膨大な資料集めでも有名。1991年、菊池寛賞受賞。2009年刊行の『運命の人』で、同年に毎日出版文化賞特別賞を受賞。 京都女子専門学校(現・京都女子大)を卒業後、45年に毎日新聞大阪本社学芸部に勤め、家庭面の記者を担当。当時同社に在籍していた作家・井上靖の指導を受ける。勤めながら書いた、生家をモデルにした作品『暖簾(のれん)』で57年に作家デビュー。翌58年、吉本興業の女性創業者をモデルにした『花のれん』で直木賞を受賞。その後毎日新聞社を退社し、作家業に専念し始める。 59年『ぼんち』、63年『女系家族』、64年『花紋』などを刊行。65年に刊行した、医学界の権力闘争や医療過誤を描いた『白い巨塔』はサンデー毎日連載当時から話題で、映画化・ドラマ化するなどの大ヒット作となり、以降、実在する事件や社会問題、権力の暗部などを扱った長編小説を発表するようになった。政治と資本の癒着に迫る『華麗なる一族』(73年)、シベリア抑留がテーマの『不毛地帯』(76年)、中国残留孤児の人生を描く『大地の子』(91年)、航空会社を舞台に日本型企業の労使問題を扱った『沈まぬ太陽』(99年)など、代表作のほとんどが映画化やドラマ化され、作品によっては時代を越えてリメイクされている。2009年に映画化された『沈まぬ太陽』は、日本アカデミ …… (引用元 コトバンク)