芸能人・経営者のおくやみ情報

松田隆智 氏

中国武術研究家[日本]

2013年 7月24日 死去享年76歳

松田 隆智(まつだりゅうち、1938年6月6日 - 2013年7月24日)は、愛知県岡崎市出身の中国武術研究家。
本名は松田 鉦(まつだ まさし)。
「隆智」は真言宗東寺派僧侶としての法名。
台湾武壇(武壇国術推広中心)の著名武術家蘇昱彰に拝師し(内弟子となること)、後に(1985年)中国本土で通備門の馬賢達に拝師した。
自身の武術遍歴をもとにした自伝『謎の拳法を求めて』を著し、それが後年、中国武術漫画『拳児』の原作となり大ヒットした。
また、合気や発勁などの古来秘伝であった技を、すべての人にわかりやすく伝えた功績も大きい。
武道雑誌の『月刊秘伝』などに主筆格で登場していた。
2013年7月24日7時39分、急性心筋梗塞のため死去。
享年75。
剛柔流空手、極真会館の前身であった大山道場にも在籍(67年4月15日、三段を授与)。
示現流剣術、新陰流剣術、大東流合気柔術、八光流柔術(皆伝師範)、浅山一伝流坂井派、佐藤金兵衛などの武道遍歴を重ねた後、中国武術を知り、本場の台湾・中国大陸に渡って修行を積む。

日本における中国武術研究の第一人者。 1938年6月6日、愛知県岡崎市出身。 台湾の武壇系武術を日本に初めて伝えた人物として知られる。主著に「謎の拳法を求めて」など。 少年サンデーに連載された「男組」の武術関連について監修を行い、続いて「拳児」を原作。その後の日本における中国武術の普及に際して功罪両面にわたって多大なる影響を与えた。特に「発勁」という言葉は松田隆智によって広められたといっても過言ではないだろう。 真言宗東寺派僧侶。 2013年7月24日、急性心筋梗塞により死去。 (引用元 Hatena Keyword)