訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

千住文子 氏

教育評論家[日本]

2013年 6月27日 死去多臓器不全享年88歳

エッセイスト・教育評論家で、日本画家の千住博氏、作曲家の明氏、バイオリニストの真理子さんの母、千住文子(せんじゅ・ふみこ)さんが6月27日午後7時42分、多臓器不全のため東京都品川区の病院で死去した。87歳だった。東京都出身。葬儀は7月4日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長男博(ひろし)氏。葬儀委員長は物理学者の江崎玲於奈氏。 明治製菓研究所で抗生物質研究に従事。退職後、慶応大名誉教授の故千住鎮雄氏と結婚し博氏らを育てた。著書に「千住家の教育白書」など。近著に真理子さんとの共著「命の往復書簡 2011〜2013」がある。