芸能人・経営者のおくやみ情報

夏八木勲 氏(なつやぎいさお)

俳優[日本]

2013年 5月11日 死去膵臓がん享年74歳

夏八木 勲 (なつやぎ いさお、1939年12月25日 - 2013年5月11日)は、日本の俳優・声優・歌手。
本名同じ。
身長176cm。
東京府東京市足立区北千住出身。
東京都立墨田工業高等学校を経て慶應義塾大学文学部仏文科中退。
特技は乗馬・合気道・空手。
愛称はなっちゃん・パパ。
1966年にデビューし、鍛え上げた身体で野性味あふれる男らしい演技や、晩年は円熟味と重厚さが加わり、生涯300本以上の映画・テレビドラマに出演した。
1978年から1984年は、夏木 勲(なつき いさお)名義で活動した。
学生時代はスポーツに打ち込み、慶應義塾大学在学中の1960年に文学座研究所へ入所。
1年の研修ではうまくいかず、大学を中退して1963年に劇団俳優座の養成所へ入所し直す。
同期には俳優座花の15期生と呼ばれるメンバーがおり、1966年に3年の研修を経て卒業( ⇒ #人物)。
1966年に東映と契約し、京都市に拠点を移した。
加藤泰が監督した映画『骨までしゃぶる』でデビュー。
同年に五社英雄が監督した映画『牙狼之介』と『牙狼之介 地獄斬り』で主演を果たす。

日本の俳優・声優。1939年12月25日、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、劇団俳優座の俳優養成所に入所した。同期生は後に「花の15期生」と呼ばれる、原田芳雄・村井国夫・前田吟・地井武男・太地喜和子らがいる。66年、俳優座養成所卒業と同時に東映と専属契約し「骨までしゃぶる」で映画デビュー。同年「牙狼之介」をはじめとする複数の映画で主演を務めた。68年、東映を退社。その後も、三島由紀夫主宰の劇団浪蔓劇場に参加するなど、多彩な映画に出演し続け、近年は個性派の名脇役として300本以上の映画、テレビドラマに出演した。13年、「希望の国」への出演で第67回毎日映画コンクール男優主演賞と芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞。同年5月11日、すい臓癌により死去。享年73。 (2013-5-14) (引用元 コトバンク)