芸能人・経営者のおくやみ情報

福島新吾 氏

専修大学名誉教授・政治学[日本]

2013年 5月1日 死去肺炎享年92歳

福島 新吾(ふくしま しんご、1921年5月2日 - 2013年5月1日)は日本の政治学者。
専修大学名誉教授。
政治学原論専攻。
1921年、東京生まれ。
戦時中に学徒出陣を経験した後、1947年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。
東京大学社会科学研究所助手(1947-54年)を経て専修大学に移り、1960年より専修大学法学部教授。
同法学部長を務めた。
「九条科学者の会」呼びかけ人を務めていた。
従兄(母の妹の長男)に作曲家・音楽評論家の柴田南雄がいる。
2013年5月1日に肺炎のため死去。
91歳没。
著書 単著 『非武装の追求――現代政治における軍事力』(サイマル出版会、1969年) 『日本の「防衛」政策』(東京大学出版会、1981年) 『非武装のための軍事研究――戦争と平和の論理』(彩流社、1982年) 『日本の政治指導と課題の詳細』(未來社、1992年) 『「学徒出陣」落第記』(オリジン出版センター、1993年) 『時代との対話』(西田書店、1998年) 共著 (藤井治夫)『核・軍縮問題のわかる本――核戦争が近づいている 軍縮への道』(労働教育センター[総評文庫]、1982年) 脚注 ==。